Extension Sensing

スポーツ科学のための拡張計測の研究

 

イベント情報

1/3

開催日

 

開催​時間 

​企画中

 
" 健康・体力向上やハイパフォーマンスを模倣。"

Extension Sensing 

「拡張」には必ず「衰退」,「剪断」,「切断」が伴うため,状態を計測し続けなければならない。ならば,我々に課せられた責務として,「強化」,「衰退」,「回復」,「反転」の拡張計測を実現すれば,トップアスリートの解析などから最適解を導き, 健康志向の国民に対し何らかの指標 (サイン) のフィードバックをすることで,健康・体力向上やハイパフォーマンスの模倣が可能となり,オリンピック級選手の育成も可能となるかもしれない。

研究者紹介

(五十音順 敬称略)

飯塚 浩二郎 芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科       理工系

伊崎 春樹 株式会社モンベル広報部                     アウトドア繊維系

可知 健太 3Hメディソリューション株式会社/3Hクリニカルトライアル株式会社 希少疾患・オンコロジー系

​竹田 一則 筑波大学人間障害科学域                     医系

​中山 友紀 上武大学ビジネス情報学部スポーツ健康マネジメント学科      医工系

山田 雅彦 ダイワボウイノ株式会社                     繊維系

晝間 信治 エリアポータル株式会社                     IoTセンサ系

山口 昌樹 信州大学大学院総合理工学研究科生命医工学専攻          理工系

 

 

過去のイベント

*LIFE 2019 ライフサポート学会 (終了) 多数の聴講ご来場有難うございました。

慶應義塾大学 日吉キャンパス

2019年9月12日(木)OS 01 スポーツ科学における 拡張計測の可能性(14:30~15:50)

座⻑ 中⼭友紀(上武⼤学),⼭⼝昌樹(信州⼤学)

速⽔ 達也 :スポーツやトレーニング活動と健康との関係

宮原 ⼤地 :⻑野県におけるスポーツと健康

今井 勇⼈: スノーボードのトレーニングとその評価

可知 健太 :パーソナルヘルスレコード(PHR)における⽣体センサとの共有の可能性

*第一回 拡張計測研究会

信州大学 繊維学部 

開催日

 2020年1月31日(金)

開催​時間 

​16:00~

研究会では,人が本来持つ能力を飛躍的に高めるアウトドアスポーツウェアの構造・素材に着目し,さらに機能的テクスチャーを付与した拡張計測により,快適生活の実現について議論しました.

 
 

提携企業 等

 

一般社団法人 中野区産業振興推進機構(ICTCO)

エリアポータル 株式会社

一般社団法人 地域社会継続研究所  

環境防災技術 株式会社 
特定非営利活動法人 エルタ  
株式会社 コトブキスマイル

株式会社 E・テック

株式会社 メディトランセ

一般社団法人 群馬県eスポーツ連合

中野区

伊勢崎市

​みなかみ町

 

​上武大学 ビジネス情報学部 スポーツ健康マネジメント学科

​教授 中山 友紀 博士(工学)

〒372-8588 群馬県伊勢崎市戸谷塚町634-1

nakayama@jobu.ac.jp | Tel: 0270-32-1011